私立高校の学費を補助してくれる私立高等学校等授業料軽減助成金の利用法

高校選びは子供の将来選択に大きな影響を与える場でもあるため、子供にはしっかりとした学校に通ってほしいですし、自由に選択をしてほしいので制限を設けたくないものです。そのような理由もあってか小学校や中学校と比べ、高校から私立に入学する学生が一気に増えます。しかし私立高校の授業料は国立・公立と比較すると高額で、まともに支払うことが難しく非常に頭を悩ませます。

項目/区分 公立高校 私立高校
教育費 242,692円 740,144円
給食費 −円 −円
学校外活動費(学習用品購入費、塾、家庭教師、習い事などにかける費用) 167,287円 255,151円
学費年間合計額 409,979円 995,295円
学費総額(3年間) 1,229,937円 2,985,885円

[出典・参考:文部科学省 平成26年度「子供の学習費調査」の結果について]

そんなときは、私立高校の学費を補助してくれる“私立高等学校等授業料軽減助成金”を利用してみてはいかがでしょうか?この授業料軽減助成金は各自治体が実施している制度で、所々の自治体によって名前や対象、内容が多少異なりますので、本記事では東京都で実施されている「私立高等学校等授業料軽減助成金」を中心に、基本的な内容から実際に利用する際の流れ、利用上の注意点などを解説します。

私立高等学校等授業料軽減助成金とは

私立高等学校等授業料軽減助成金とは、私立高校やその他各自治体指定の学校に通学する生徒をお持ちの保護者の経済的負担を緩和することを目的とした各自治体が取り組んでいる制度です。各自治体ごとに運営されているため、制度名や助成の対象・内容等が多少異なります。お住まいの自治体が運営している助成制度の詳細が知りたい場合は「私立高等学校等授業料軽減助成金 + ○○県」とインターネットで検索すれば情報が出てきますので調べてみてください。

私立高等学校等授業料軽減助成金の助成額

私立高等学校等授業料軽減助成金は対象世帯によって助成される金額が変動します。各自治体の制度内容によって助成額も変わりますが東京都の場合は、生活保護を受けている世帯は年額14万5,000円、それ以外は住民税額によって年額14万5,000円から32万3,200円まで変わります。金額と対象世帯の詳細は以下表をご参照ください。

※1均等割のみの世帯とは:均等割(都民税1,500円+区市町村民税3,500円=年税額5,500円)のみに課税され、所得割額が0円の非課税世帯

 

私立高等学校等授業料軽減助成金を利用するには

私立高等学校等授業料軽減助成金の助成条件

私立高等学校等授業料軽減助成金の助成対象条件も、各自治体の規定により微妙に異なります。しかしどの自治体でも基本的にはその自治体管轄の都道府県内に住所があり、対象校の学校に通っていることで助成を受けることができます。東京都以外にも参考までに他県の神奈川県と千葉県の助成対象条件もみてみましょう。

【東京都】

[制度名]

「私立高等学校等授業料軽減助成金」

[対象者]

生徒の保護者等で下記①〜③のすべての要件に該当する方。

①保護者(申請者)と生徒が、平成29年5月1日以前から申請時まで引き続き東京都内に居住している方

②次のa〜eのいずれかの私立学校及び過程にが在学する生徒の保護者

 a.私立高等学校(全日制課程、定時制過程)

 b.私立中等教育学校後期課程

 c.私立特別支援学校高等部

 d.私立高等専門学校(1〜3年)

 e.私立専修学校高等課程(1年6ヶ月制の場合は平成28年10月入学者及び平成29年4月入学者の保護者)

③「対象世帯及び軽減額」の対象世帯のいずれかに該当する方

[引用:公益財団法人東京都私学財団『私立高等学校等授業料軽減助成金事業』]

 

【神奈川県】

[制度名]

「私立高等学校等生徒学費補助金」

[対象者]

以下要件にすべてに該当する方。

①神奈川県内に設置されている以下の対象校に在学する生徒の保護者

 a.高等学校

 b.中等教育学校後期課程

 c.専修学校高等課程

 ※都道府県認可の広域通信制高校、技能連携校、サポート校は対象外

②対象校に在学する生徒で、生徒・保護者ともに神奈川県内に住所を有する方

[参考・引用:神奈川県『私立高等学校等生徒学費補助金』]

 

【千葉県】

[制度名]

「私立高等学校等授業料減免制度」

[対象者]

対象校に在学し、以下要件いずれかに該当する方。

①千葉県内以下の学校いずれかに在学している方

 a.私立高等学校(通信制課程の県外在住生徒は除く)

 b.私立中等教育学校後期課程

 c.私立専修学校高等課程(高等学校卒業者及び准看護師の養成を目的とする私立専修学校高等課程の生徒は除く)

②以下のいずれかに該当する方

 a.生活保護を受給されている方

 b.市町村民税の所得割額が51,300円未満である方

 c. 市町村民税の所得割額が175,500円以下である方

 d.住宅等の建物,土地,家財等に災害を受けた方

 e.a〜dに準ずる程度に困窮していると認められる方(家計急変)

[参考・引用:千葉県『私立高等学校等授業料減免制度(平成26年度以降入学生)』]

 

私立高等学校等授業料軽減助成金の申請から受取までの流れ

以下にて私立高等学校等授業料軽減助成金の申請から受取りまでの流れを解説しますが、以下は東京都の私立高等学校等授業料軽減助成金利用の流れです。基本的にどの自治体も大きく変わりませんが、必要書類等や流れが異なることもあるため、東京都以外で申請される場合は、ご自身のお住まい住所を管轄している自治体のホームページなどによって確認してください。

Step1.助成金申請用紙に必要事項を記入し提出

はじめに申請用紙を記入し必要書類を添えて提出します。申請書は、6月中旬ごろに学校を通して申請用紙が配布され手に入れるか自治体ホームページにてダウンロードすることも可能です。(→東京都私学財団『私立高等学校等授業料軽減助成金事業』)書類を手に入れたら申請用紙に必要事項を記入し、以下必要書類と合わせて申請受付期間中に提出しましょう。配申請受付期間は、国の高等学校等就学支援金との関係で日程がずれる場合がありますが、平成29年度の場合は6月23日〜7月31日(7月31日消印有効)です。

【必要書類】

・授業料軽減助成金交付申請書

・住民票(コピー可)

・住民税課税または非課税証明書(コピー可)

・生活保護受給証明書(コピー可、生活保護受給者のみ)

 

Step2.結果通知・振込

申請書類を提出し申請が終わると、審査が行われ12月下旬ごろに交付もしくは不交付の結果通知が手元に届きます。そこで交付だった場合にのみ、助成金が口座に振り込まれます。これにて一連の流れは完了です。

 

毎年の申請忘れには注意を!

私立高等学校等授業料軽減助成金は、一度申請したら在学中ずっと助成されつづけるわけではありません。したがって申請は一年に一回行わなければなりません。また一般申請期間に申請を忘れてしまった場合は、特別申請期間というものが1月頃に設けられているのですが、ここでも申請を忘れてしまった場合は、以後助成されませんので必要な方は毎年忘れずに必ず行いましょう。

また助成回数も決められており、助成回数の上限は通常の修業年限の範囲内なため留年などをすると留年した分は助成対象外となりますので注意しましょう。

私立学校は国公立にくらべ学費が高額なため、まともに支払うとかなりの負担になります。国制度である高等学校等就学支援金との併用も可能なので、助成金の対象範囲に入っているのであれば必ず申請し利用しましょう。

 

ライタープロフィール

 DAY EASY編集部
金融、不動産、人材紹介、WEBメディアなどの業界出身者が集まり、お金や不動産、キャリアなどを軸に女性の人生を明るく豊かなものにするため、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。

スポンサードリンク