私立高校の学費補助に利用したい入学支度金制度とは?

お子さんが私立高校に入学される際、毎年の授業料はもちろんですが、入学時には入学金やまとまった授業料を支払う必要があるため、一度に多額の費用が必要です。しかしご家庭の状況によっては、その費用を支払うことが厳しいご家庭もあるのではないでしょうか。東京都内であれば、学校が無利息で必要費用を貸付してくれる『入学支度金』という制度があるのをご存知でしょうか?本記事では私立高校の学費を補助してくれる入学支度金の内容や利用手順・注意点等を解説します。記事では入学支度金の内容全般と申込み手順・利用する上での注意点を解説します。

入学費用を無利息で貸付してくれる入学支度金

入学支度金とは、高等学校等に入学するお子さんをお持ちの保護者に対して、入学の際に必要な費用を学校が無利子で貸付してくれる制度です。運営は主に(公財)東京都私学財団が行っているため全国ではなく東京都内の私立高校等が対象となります。他県では「入学支度金」という同じ制度名で独自の制度を実施しているところもありますが、対象が私立高校ではなく、小学校入学時であったり、それ以外にも貸付ではなく、数万円程度が給付されるなど、同じ制度名でも東京都内で実施されているものとは大きく異なります。

しかしどの入学支度金であっても入学時の経済的な支援が目的となっていますので、東京以外で入学時の補助制度をお探しの方は、お住まいの自治体や入学予定の学校でそのような制度が行われていないか「入学支度金+地域名」「入学支度金+学校名」などで検索してみましょう。また制度が設けてあるようであれば、自治体や学校に直接問い合わせることで基本的に案内を受けることができます。本稿でご紹介しますのは(公財)東京都私学財団が実施している入学支度金に関する情報です。

入学支度金の貸付金額

基本的に入学支度金は、入学金,授業料,実習費,施設設備費,光熱水費など、入学時にまとめて支払う費用項目が対象となり、これらの費用が合計で20万円から25万円以上だったときに20万円から25万円の貸付を受けることができます。金額の幅が20万円から25万円というのは、同じ東京都内であっても、金額が一律で決められているわけではなく学校によって20万円のところもあれば、25万円のところもあるため異なり、詳細をしりたい場合は入学予定の学校HPにて確認が必要です。

 

入学支度金の利用について

入学支度金の対象条件

入学支度金を利用するには、以下対象条件に該当している必要があります。対象条件は複雑ではなく、前提条件として都内に住所があり、その上でお子さんが以下の学校に入学予定であれば入学支度金を利用することができます。

・私立高等学校

・私立中等教育学校の後期課程

・私立特別支援学校高等部

・私立高等専門学校

・私立専修学校高等課程(三年制)

 

入学支度金の申請から返済の手順

Step1.合格発表後、入学手続きの際に必要申請書類を記入し提出

私立高校への合格が確定し入学が決まったら、入学予定の学校窓口にて「入学支度金借入申込書」という申請書を入手します。申請書には、借入理由や借入金額、返還方法などを記入する欄があり、それら必要事項を書記入したら、学校に入学支度金借入申込書を提出し申込みは完了です。問題なく審査を通過すれば入学支度金の貸付が決定します。

 

Step2.入学支度金借用証書を提出し契約

貸付が決定したら「入学支度金借用証書」という書類に必要事項を記入します。この入学支度金借用証書も申込書を入手した同じ学校窓口にて入手することができるので手に入れ記入してください。自分自身で記入する必要事項以外に、連帯保証人署名欄があるので、連帯保証人を一人立て署名・捺印をしてもらい、書類が完成し窓口に提出すれば契約は完了し借入することができます。

 

Step3.貸付金額を差し引いた金額を支払う

契約が完了したら貸付金額が差し引かれた金額を学校に支払います。ここで多くの方が誤解しやすいのですが、入学支度金は貸付金が口座に振り込まれるわけではありません。入学支度金を借入すると本来学校に支払うはずであった入学費から入学支度金分が差し引かれ、差し引かれた後の差額を支払うという流れになります。

 

Step4.在学期間中に返済

貸付を受けたら、基本的に在学期間3年中に学校が指定する方法で返済します。返済方法は学校により異なるのですが、ほとんどの場合借用証書に返済方法が記載されており、記載されている幾つかの方法(1回の返済金額や月賦・年賦など)を選択し、授業料引落口座に指定した口座からの引落で返済されるという流れです。借用証書記入時にあらかじめ確認しておきましょう。

 

入学支度金は返済が必要な貸付制度であることを忘れずに!

給付金という形で学校活動を経済的にサポートしてくれる返済不要の制度もいくつかありますが、(公財)東京都私学財団が実施する入学支度金制度は貸付制度であるため、無利息ではありますが全額返済しなければいけません。それを前提の上で上で利用するかどうかを判断しましょう。また前述しましたように入学支度金制度により貸付されたお金が手元にくるという制度ではないので、「申請したのに手元にこない!」など慌てないよう気をつけましょう。

入学支度金は返済が必要な制度ではありますが、一度に多額の入学費用を無利息で貸付してくれるのは非常に助かります。学校によって金額や申請方法が異なりますのでお子さんが入学する学校での詳細を確認し利用するかどうか検討してみてください。

 

ライタープロフィール

DAY EASY編集部
金融、不動産、人材紹介、WEBメディアなどの業界出身者が集まり、お金や不動産、キャリアなどを軸に女性の人生を明るく豊かなものにするため、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。

スポンサードリンク